地球に来ている 宇宙人、異星人

| トラックバック(0)

今、宇宙人は地球に大変な関心を持っている

地球には、宇宙のいろいろな星より少なくとも20種類以上の宇宙人が来ています。肉体を持ったまま、宇宙船でやってきたり、霊体、魂として移住や調査などに来ています。
何億年前、数十万年前、から近代まで、色々な時代に地球にやってきて、地球で生まれて地球人になった人たちが沢山います。
今、宇宙から見たときに、救世主が生まれた地球がどうなるか大変な関心を持っています。近い将来、宇宙人との交流が始まる前に、宇宙人を理解し、宇宙の中での地球人とはどのような魂であるのかが理解できるようになるのではないか。
いろいろな宇宙人を知ることによって、人間関係、宗教紛争、人種差別を超えて地球人として他の人の考えを理解し、許していけるのではないでしょうか。
大川隆法総裁先生の霊言やリーディングにより、発見された宇宙人について明らかにされた内容をまとめてみたいと思います。(ヤングブッダ81号参照)

ヤング・ブッダ81号
ヤング・ブッダ81号PDFへリンク

☆金星人
惑星
・・・金星。地球人類の母星。美と知性あふれる最高度の文明を築いたが、約10億年前、地上環境が悪化し、多くの者は他の惑星へ移住した。(「太陽の法」参照)
姿・・・・人型。背が高く、大変美しかった。
性格・・・現在金星人は4次元で霊的生命として生き、愛・美・調和を大切にしている。美的・芸術的センスが非常に高い。
(「宇宙人との対話」参照)
ほかに、金星には両生類タイプが住んでいる。全長3m。悪化した環境に適応し、高温の硫酸の海に住む。知能は高い。
沖田総司も金星人だった。
(「宇宙人との対話」講義 参照)

☆プレアデス星人
惑星
・・・おうし座の散開星団プレアデス星団(400光年先)。別名、昴(スバル)。大小さまざまな星で形成されている所。
姿・・・・西洋系の顔立ちをしており、スレンダー。身長は、男女ともに地球人の平均より少し高い。肌がうっすらと光っている。女性は髪が長い。
性格・・・人型。元は金星人。愛・美・調和・発展を大切にしている。崇高なものへ敬虔な感情をもちやすく、思いの力によって、病気を治す力がある。
(「宇宙人との対話」、「宇宙人との対話」講義 参照)

☆ベガ(アイア)星人
惑星
・・・琴座で最も明るい恒星(25.27光年)。別名、織姫星の所。ハワイのような渚の美しい、穏やかで平和な星。
姿・・・・自分が思い描いた姿に変化する、いわば液体状の体を持つ「半分霊体、半分肉体」のような存在。男性、女性、中性が存在する。
性格・・・人型。元は金星人。温和で進化・発展・変化を大切にしている。千手観音的に多方面に活躍できるマルチ型。科学が非常に発達している。
(「宇宙人との対話」参照)
他(「宇宙人調査」1・2参照)

☆二ビル星人
惑星
・・・未発見の太陽系第10番惑星。他惑星からの前線基地にもなっている。
姿・・・・人型。数種類の人間の姿に似た宇宙人が住んでいる。外見は北欧系の地球人に似ている。
性格・・・知能が高く、金星からの移住者が多数いるため平和的な思想を持っている人が多い。住民は地下に帝国を創り生活している。
宇宙船・・葉巻型
(「宇宙の法」入門 参照)

☆ウンモ(ユミット)星人
惑星
・・・地球から約14.5光年先にある未だ発見されていない星。現在砂漠化が進んでおり、あと100年ぐらいで住めなくなるため、地球への移住計画がある。
姿・・・・昆虫型。地球上では北欧系の金髪などのいろいろな姿に化けており、本来の姿はハチの姿に似ており、手足は合計8本ある。全長3m。
性格・・・愛の思いを大切にする。主食は野菜。地球に来ている数は少なく、非常に臆病。
(「宇宙人との対話」参照)

☆ドゴン星人
惑星
・・・シリウス(おおいぬ座。8.6光年先。一番あかるい星)の伴星の所。科学技術が遅れていたため、レプタリアンに侵略され滅亡した。
姿・・・・動物型。皮膚の色は限りなく青く、「青いキツネ」と呼ばれていた。鼻筋がとおっており、直立する狐のような姿。視力や聴力、嗅覚が非常に優れている。
性格・・・自然を大切にし、戦闘性が低く、駆け引きが上手い。霊降ろしのような超能力がある。
アフリカのドゴン族のもとはドゴン星人。オバマ大統領の旧い魂のルーツはドゴン族。
(「宇宙の法」入門 参照)

☆クラリオン星人
惑星
・・・エササニ星と友好関係にあるため、そちらに近い場所にあると推測される。クラリオン星ではキリスト教に近い「愛と犠牲」の教えが説かれている。
姿・・・・人型。ほぼ人間と変わらず、美しい。興奮すると体が発光する。
性格・・・愛の心が強く、非常に進化した宇宙人。医療関係に親和性があり、地球文明のもう一段の進化を期待し、歓迎している。
宇宙船・・上がポットのふたのようになっており、上下二段でそれぞれ逆回転し、下がスカートのような円盤型。金色に光、多くの窓やライトが周囲についている。日本の山の中に地下基地がある。
(「宇宙人リーディング」参照)

☆エササニ星人
惑星
・・・おおいぬ座の「シリウス」の近くの伴星。そう大きな星ではない。
姿・・・・人型。一説には目が大きく、小柄だとされている。
性格・・・芸術に関心があり、サイキック能力がある。
宇宙船・・科学技術より文系的魂がおおいので、宇宙船は他のほしよりレンタルしている。
(「宇宙人リーディング」参照)

☆さそり座星人
惑星
・・・サソリ座を構成している惑星に住む。地球に近い気候。
姿・・・・人型。身長は2m50㎝ほどあり、手足の指がそれぞれ6本ある。
性格・・・温和な性格で尊さを重んじ、階層性の強い物の考え方をする。
宇宙船・・ビラミッド型。
(「宇宙人リーディング」参照)

☆ケンタウルス座α星人
惑星
・・・4.37光年先にある地球に最も近い恒星の近く。
姿・・・・動物型。猿のような顔をしており、尻尾がある。その他、さまざまな種類が存在する。
性格・・・実用の精神が強く、科学的なものに関心が強い。宇宙トラベルと、タイムマシンの両方ができる極めて高度な技術を持っている。

(「宇宙人調査」1参照)

「宇宙人との対話」ではケンタウルス座α星人の女性が登場する。一万年以上前、彼女は、ケンタウルスα星が悪魔に乗っ取られたため、星を脱出し多くの人と地球に飛来したと言っている。

☆木星人
惑星
・・・木星の衛星「エウロパ」という厚い氷が張った極寒の星。
姿・・・・動物型。強靱な肉体を持っており、ゴリラとトドを合わせたような姿。身長2m50㎝ほど。毛は長く、水陸両用。四足でも走れる。
性格・・・元は金星人。勇気があり、強靱な精神力、戦闘力、サバイバル力を持つ戦士。
(「宇宙人調査」1参照)

レプタリアン
惑星
・・・マゼラン星雲、ケンタウルスβ星、アルタイル、うお座などさまざまな惑星に住んでいる。
姿・・・・は虫類型。トカゲ、ティラノザウルス、プテラノドン、ワニ型など、さまざまな種類が存在する。
性格・・・「進化」を第一に考え、競争心が高く、科学技術を非常に発達させた。地球の進化にも大きく貢献。ただし、侵略性の強い凶悪な者もおり、人間を食用にしている種族もいる。
◎マゼラン星雲ゼータ星人
プテラノドン型、ゼータ星には天国地獄はなく、霊界でも競いあっている。
◎ケンタウスルβ星人
◎アルタイル(彦星)星人
◎うお座
(「レプタリアンの逆襲」1参照)
◎白鳥座のイプシロン星人(「レプタリアンの逆襲」2参照)
◎キングコング型(「レプタリアンの逆襲」1参照)
◎半魚人型(「レプタリアンの逆襲」1参照)
◎ビッグフッド
全身毛で覆われており、身長は3mぐらいと高く、雪男のような姿。
グレイ
レプタリアンに作られたサイボーグとされており、身長は1m20㎝ぐらいで低く、大きな頭にアーモンド型の目、長い手足が特徴。
ネコ型
レプタリアン(ゼータ星人)の食用として飼われている。テレパシー的な特殊能力を持っている者もいる。
(「宇
宙人調査」2参照)

☆火星人
惑星
・・・昼夜の寒暖差が激しい惑星。現在、生物のほとんどが地下の都市に住んでいる。
性格・・・知能は高いが、自慢する心や、競争心が非常に強い。
タコ型(「宇宙人との対話」講義 参照)
全長10m。そのた、恐竜型がいる。
ニワトリ型
全長1m。卵を産む。
ケンタウロス型(宇宙人探索リーディングより)
半人半馬

☆土星人
(「レプタリアンの逆襲」1参照)

☆蟹座星人
惑星・・・地球の4倍ぐらいの惑星。3分の1の海が存在する。
姿・・・・一部に肉体を持っている者もいるが、基本的に肉体を持たず霊体として生活している。アイアンマンの様な姿。
性格・・・天才集団。全銀河の進化計画をしており、救世主養成所のような所。
モーセ、ナポレオン、ガリレオなど百人ぐらいが地球に来ている。
(「宇宙人調査」2参照)

☆オイロッパ星人
(宇宙人探索リーディングより)

☆トカゲ型木星人
(宇宙人探索リーディングより)

☆ヤギ型
(宇宙人探索リーディングより)

 

地球の最初に飛来した宇宙人

1、金星
エル・カンターレ(金星ではエル・ミオーレ、九次元霊)を6億年前に金星より招来。約4億年前に金星人をもとに地球人を創造する。
2、射手座
イエス・キリスト(アモール、九次元霊)
3、白鳥座
孔子(セラビム、九次元霊)
4、蟹座
モーセ(モーリヤ、九次元霊)
5、マゼラン星雲
エンリル(九次元霊裏側担当、レプタリアン系)
6、オリオン星座
マヌ(アケメーネ、九次元霊)
マイトレーヤー(オルゴン、九次元霊)
ニュートン(カイトロン、九次元霊)
この時、2億7千万年前、10億人が大船団で飛来。
7、ペガサス星座
ゼウス(セオリヤ、九次元霊)
マニ(サマトリヤ、九次元霊)
この時、1億3千万年前、20億人が飛来。
(「太陽の法」参照)

*******************

「ヤング・ブッダ」83号記事より


YB83ufo

*******************

奄美のアマミちゃんお気楽ブログ
11.17『驚天動地の宇宙人"マル秘"物語!(佳境編)』

幸福維新の志士となれ 不思議体験も
http://blog.goo.ne.jp/hps777/e/725d1df6abd145cf61d514ad3a36282b

*******************

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密

http://www.irhpress.co.jp/detail/html/P0237.html

 

日本だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 

主な内容
◆前世は宇宙人!?日本に住む「元・宇宙人」への独占インタビュー
◆UFO後進国日本はこのままで大丈夫?
スペシャルインタヴュー
・UFO研究家 竹本 良
・オカルト研究家 山本 敏太郎
◆特別付録
カードゲーム「World Gainer」レアカード
大きさ:B5 
【発行:幸福の科学出版 発売:青空出版】

************************

ムック『マンガ 本当にあった 宇宙人のヒミツ』【青空出版発売/幸福の科学出版発行】4月21日予定

************************

「ワールドゲイナー」対戦型宇宙人トレーディングカードゲーム

worldgainer.jpg

 対戦型宇宙人トレーディングカードゲーム『ワールドゲイナー』スターターパック《レアカード》付き
実在する宇宙人が、カードゲームになりました!
『「宇宙の法」入門』『宇宙人との対話』『宇宙人リーディング』に登場する宇宙人と、地球に飛来し目撃されている宇宙人をキャラクター化!
◆STORY◆
宇宙人たちは、「太陽系連合」「プレディアス星系連合」「ゼータ星系連合」の三つに分かれ、競い合っていました。
争いを治めるため、宇宙人たちは、自分たちの特性をカードに託し、競い合うことに!
幸福の科学出版 2010年12月2日発売 1500円

*****************

御法話「宇宙人探索リーディング」(131分)
2011年1月4日~
・横浜アリーナ上空にUFOが現れた目的とは?
・あのUFOたちはどこから来たUFOだったのか?
・新種の宇宙人が登場!
http://www.happy-science.jp/sosainews/89.html

御法話『宇宙人リーディング6』(116分) 2月5日(土)~
アンドロメダ星雲にあるM31からやって来たヒョウ型星人と人魚型金星人
御法話『宇宙人リーディング5』(63分) 2月5日(土)~
科学技術や化学が高度に発達した彦星アルタイル星人(ヒューマノイド型
御法話『宇宙人リーディング4(110分) 1月29日(土)~
白鳥座から来た宇宙人/30億年の歴史を持つ宇宙トラベラー
御法話『宇宙人リーディング3(74分) 1月22日(土)~
ウサギ型の宇宙人/ライオン型の宇宙人

***********************

201102-288UFO.jpgのサムネール画像
月刊「幸福の科学」2011年2月号より

yb87-UFO1.jpg
yb87-UFO2.jpg 
「ヤングブッダ」87号より

***************

書籍「女性リーダー入門」 卑弥呼の霊言
邪馬台国と陰陽師に影響を与えた宇宙人 P49
「宇宙人リーディング」に登場されたかたの話がのってます。

***************

『宇宙からのメッセージ』 宇宙人との対話Part2
大川隆法著 1,470円(税込) 5月13日発刊
『宇宙からのメッセージ』 宇宙人との対話Part2
[第一部]
第1章 宇宙時代と仏法真理
第2章 〝草食系〟のレプタリアン
第3章 イエスを復活させたベガ星人
第4章 「青いキツネ」と呼ばれたドゴン人
[第二部]
第5章 「宇宙人との対話」の意義
第6章 〝宇宙間商社マン〟のプレアデス星人
第7章 「美の女神」の金星人
第8章 月から来た宇宙人(元タコ型火星人)

***************

『宇宙からの使者』 地球来訪の目的と使命
大川隆法著 1,575円(税込) 5月20日発刊
『宇宙からの使者』 地球来訪の目的と使命
大反響!宇宙人シリーズ第五弾!!
またひとつ、宇宙の真実が明かされた――
常識では考えられない他惑星からの地球介入。
彼らは何の目的で地球にやって来たのか?
圧倒的なスケールで語られる宇宙の秘密、そして、古代から続く地球文明との関わりとは。
第1章 プロテクターの魂を持つ木星人
第2章 実学志向のケンタウルス座α星人
第3章 地球の危機を救いに来たベガ星人
第4章 ベガ星から来た宇宙の放浪者
第5章 ゼータ星に住んでいた猫型宇宙人
第6章 「宇宙最強」を名乗る蟹座の宇宙人

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kumamoto-hs.com/blog/mt-tb.cgi/4

このブログ記事について

このページは、南西が2010年8月25日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「菅直人の原点を探る」です。

次のブログ記事は「「宇宙人リーディング」 よみがえる宇宙人の記憶」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。